自転車百哩走大王
猫に小判
=体に合わない高級自転車は猫に小判
  

あなたが自転車に合わせるのではない! 自転車をあなたに合わせるのだ! 

   実際のフィッティングの進め方=大王フィッティング練習会の実際

 体格や脚力は千差万別。
 だからこそ、自転車を自分の体に合わせる
「フィッティング」
「乗車ポジション合わせ」
「体力に応じた走り方」

は重要なのだ。

 良い自転車屋とダメダメな自転車屋の違いはまさにそこ。売りっぱなし
の自転車屋さんで買ったら、ず〜っと
「お尻が痛い」
「脚に力が入らない」
「クリートが合わず膝が痛くなる」
など悲惨な目に遭う。

藤下雅裕さんを招いて大王ポジションチェック練習会を実施

 いったい、フィッティングって何をするの?講師はどういう考え方でどこを
直すの?ポジション変更に躊躇や迷いが生じるのは、やむをえないかも。
 そこで、講師のブログから大王でのポジションチェックのポイントを拾って
みました。これで安心、大丈夫。かなり走りが変わります
 (スポーツバイクつくばマツナガのHP、クマさんのバイク専科から抜粋)。http://www.sbtm.jp/


百里走大王セミナー:パート1

…●2月6日土曜日と7日の日曜日が本番です。快晴で気温は6度、寒〜い日でした。
朝9時、神奈川県藤沢市の、「百里大王フィッティング&ライディングセミナー」の集合
場所の猪熊自動車へ行きました。…

●セブンイレブンで飲み物と朝食を買って、昨年と同じく事務所の中で、いよいよフィッ
ティングのセミナー開始です。工場の中はテントとか暖房器具とかが用意されていて、
快適に過ごせます。フィッティングは待ち時間が長いので、仲間たちとのおしゃべりを
思う存分楽しめると言うわけです。

●ボクも紅茶を飲みながら、そっちのコーナーでおしゃべりに参加したかったんですけ
ど、今日は15人のフィッティングと聞いていたので、そのペースで仕事を進めないと
いけないので、フィッティングに集中しました。大王さまたちは実際に長距離をこなし
ているので興味部会話しがいっぱい聞けるから楽しいし、そういう考え方や体験もある
んだと、勉強になるんだよな〜。チョホホ〜。

●黒姫高原の合宿や藤沢でのセミナーなどで、何度もフィッティングを受けている方も
いますし、初めての方もいました。どっちが難しいですかと聞かれることがあるんですか
で、少しニュアンスは違いますが、実はどっちも難しいし大変です。

●何度めかの方は今の体力や筋力にマッチしているかの確認と、前にセットした位置
の確認と修正が必要かの判断が求められます。クリート位置から全てチェックします。
足の向きも微妙に変わっている可能性があります。そうなると、前にセットしたクリート
位置からmm単位以下の微妙な調整が必要になります。

●毎分80回転できる負荷のペダリングを見て、踏み込む足の向きを12時の位置から
3時の位置(実際には2時から5時くらい)で確認して、次に、6時から12時の位置の足
を上に戻すときの足の向きを確認します。


百哩走大王セミナー:パート2

●「百哩走大王」は全国にメンバーがいる、センチュリーライド〔160km〕の走り屋さん
たちの有名なグループなんですけど、年齢30歳以上が加入条件に入っているし、しかも
センチュリーライドは自力で走りましょうと、ドラフティング走行を禁止しているという
ユニークな大人の会です。

…●参加者はもちろんセンチュリーライドは当たり前に走れる人たちです。160kmです
からね〜、みんな走りや体力には自信がある人ばかりだし、今までの長い時間走り
切っていた、お気に入りだったポジションを変えるには、もっとこうすればよくなると言う
確信を持ってやっていても、プレッシャーがかかります。

●サドルやハンドルやステムなどの機材の交換の提言にしてもデリケートな問題ですね。
ブルックスの革サドルなど、ノスタルジーとか神話的なことが語られている世界で、趣味
なのだから何を使ってもいいと思います。でも、本気で快適性を望むなら、「使っている
うちに馴染みが出る」とか言うレベルでは語り切れない、快適度の差がプラスチックサド
ルとの間にはあります。それは現実です。

●プラスチックやカーボンチップ入り樹脂の成型の自由さや、クッションの成型による圧力
分散の快適度アップのテクノロジ―が現行モデルには駆使されています。まあ。交換して
体験してもらえば、戻れなくなると思います。フィッティングは、そこへ1歩踏み出して新しい
ものを体験する、いい機会になればいいですね。

●ターゲットは、長く快適に、より速く走れるポジション作りと言うのが目標ですね。長野
県信濃町の黒姫高原で、5〜10月まで毎月実施している「黒姫高原るんるん合宿」を
はじめ、何度もリピーターとしてフィッティングを受けていただいている方もいますし、
仲間に誘われて、噂を聞いて、という初めての方もいます。真剣勝負の場を与えていた
だいていると思っています。ありがたいことです。

●1度フィッティングを受けてポジションが大きく変わった人は、ペダリングで使う筋肉が
変わることがあります。もちろん個人差はあります。でも、踏み込む足のフィーリングが
ポイントだったのが面のように感じられるようになって安定感が増したりします。

●より広い範囲の筋肉を使えるようになり、疲れを分散させることになります。特にヒザ
から下の筋肉のストレスから解放されることを感じるはずです。100km200kmと走り
込んでみて、今までと多少違和感があったとしても、3ヶ月は同じポジションで走って
ください。3ヶ月で体は心肺機能や筋力が大きく替わります。効率よくペダリングできる
ポジションに順応していきます。

●と言うことで、新しいポジションで走り始めて、3ヶ月するとポジションが変化する可能
性があります。クリートの前後位置や内外の位置や足の向きに合わせた角度。サドル
の取り付け角度やパワーを発揮できる前後位置や、脚の長さに合わせた効率よくペダ
リングできる高さ。

●さらに、ハンドルの手の平へストレスのない取り付け角度や上半身と腕のゆとりに
関係する高さ。さらにブレーキレバーの手の平にフィットして痛くならないブラケットの
位置など30歳以上になると骨格や柔軟性は大きく変化することはありません。

●ライダーの快適なポジションを左右する要素はその後の3ヶ月の走り込んだトレー
ニングの効果で変わります。大きく変化するのは筋力や、心肺機能や耐乳酸性や
乳酸を除去して還元処理する能力でしょう。その変化でライディングポジションが
変わるかが決まります。すでに基本的なポジションは出来上がっているのでその変化
はmm単位での変化になるでしょう。

●脚の筋力アップは、ペダリングの踏み込むパワーを大きくできるという直接的な効果
でスピードアップできるのと、踏み込むペダリングをしても筋パワーにゆとりがあると、
乳酸の発生を抑制することができるのです。てことは、より長く速いスピードで走れる
ようになると言うことです。

●脚の付け根、腰回りの筋力の発達すると、上死点からの踏み始めのパワーが増
してスムーズにペダリングできるので、より体重をかけて踏み込める前乗りポジション
が可能になります。筋力の発達はサドルの前後位置に影響します。

●筋力の発達は、脚を踏み始めるポイントを早めたり、より効率のいい12時に近い
位置から踏み始めることができるようになりますが、それを実現するにはサドルの高さ
を上げて。サドルを前に出して腰の位置を前の位置で固定すると、体重を利用して
踏み込めます。腰をサドルから浮かして体重を利用するダンシングを思い浮かべて
下さい。しかし、サドルを前へ出すだけでは、下死点の時に膝関節が深く曲がりパワー
を発揮しきれません。

●その膝の詰まり感、大腿四頭筋へのストレスを解消するには、サドルを上げること
でハンガー中心からサドルの上の面までの距離を最適化することで、サドルを前に
出して上死点での股関節や膝関節の曲がりを浅くして、足の通過をスムーズにでき
て、踏み出しをスムーズにできます。しかも、サドルが前に出た分ハンガーに近付い
たので、その分だけわずかに上げることで、下死点で膝関節が広がりパワーを発揮
できるようになります。

●そんな1人1人に対応するフィッティングの時間を積み重ねたら、あっと言う間に
夕方がやって来ました。凄く集中しているので時間の感覚を失っていました、外はす
でに真っ暗でした。7時で切り上げて皆さんがお薦めのお店に夕ご飯(飲みに?)を
食べに出かけました。パート3に続く。


百哩大王フィッティング:パート3

●2日目は、残っていたひと達のフィッティングをやって、まずはご飯を食べにバイク
で走りました。そのお昼ご飯の場所へ行くまでに、集団走行に慣れていないな〜と言
うのが第一印象です。真っすぐ走ること、車間距離のキープが不安定で、市街地の
集団走行は危ないな〜という感じでした。

●集団走行って言っても、棒状一直線になり、公道を安全に走る基本的なテクニック
です。まず、真っすぐ走ること、これが意外にできていないんです。自分では真っすぐ
走っていると思っていても、路肩の白線にぴったり沿って走れていません。前のライ
ダーの後輪と前輪の近くの路面を見て、細かくふらふら走っているひとが多いですね。
顔が下がって広い視野を確保できていないのが原因です。

●そして、安全な車間距離をキープして走ることも、車間距離が開いたり縮んだり
していました。前を走るライダーも、後ろを走っているライダーのことを配慮して、
顔を上げて広い視野を保って余裕を持って状況判断して、スピードの上げ下げを
抑えて走る必要があるし、後ろのライダーも顔を上げて広い視野を確保して、前の
ライダーの動きを予測して走れていませんでした。

●「顔を上げて」という走りはなかなかできてません。疲れてくると、より意識しないと
顔が下がって近くの路面を見てしまいがちです。そうなると、広い視野で前の交通や
路面の状況を把握して、前を走るライダーの動きを予測して走ることができません。

●前を走るライダーの背中や後輪の動きを見て、合わせてブレーキングしているの
で、ブレーキングも急制動になっています。車輪が接触して転倒の原因になる可能
性があります。午後のライディングテクニックトレーニングは、安全に走れるように
なるために、ドラフティング走行のトレーニングしたほうがいいと思いました。

●お昼ご飯は、昨年も食べた古民家を移築したお店で、みそ味で野菜がたっぷりの
ほうとうを食べました。食べた後はライディングテクニックセミナーです。効率のいい
走りを実現するテクニックをアドバイスしました。

●ヒルクライムのシッティングとダンシング。そして平地の直線コースでは真っすぐ
走ること、一列棒状のドラフティング走行、2列のドラフティング走行でさらに真っすぐ
走ることに磨きをかけさらに片手走行で両手で走ることの安定感を体験してもらいました。
 
●確かにこの会のルールでは、ドラフティング走行を禁止していますが、そのドラフ
ティング走行を実現するには、真っすぐ走ることや相手に合わせてスピードをコント
ロールすることなどで神経を使い真っすぐ効率よく安全に走れるようになる要素が
含まれています。神経を使って走ることを繰り返してしっかり身につけた方がいいですね。

●ドラフティング、コーナリング、ヒルクライムのトレーニングを体験したライダーは、
あの制限された走りのイライラ感を感じたと思います。そのイライラ感が繊細な
ブレーキングやハンドリングの操作を脳にインプリントして、繰り返して体験すること
で、自然にそのテクニックが走りに出るようになります。

●ひとりで走っていれば必要がない要素と思っても、実は公道で安全に走るには
必要なテクニックです。時々、車間距離1mのドラフティング走行をしてトレーニング
すると、真っすぐ走れているかを確認できます。チャンスがあれば繰り返しチャレンジ
してください。真っすぐ走ることが自然に身についていればセンチュリーライドの効率
のいい走りにもつながります。

●その他にもコーナーリングやヒルクライムの走り方などのセッションも終わると、
走りが安定して先ほどまでの集団走行とはまったく違っていました。時々こういうセッ
ションを自分たちでやってお互いの走り方をチェックしたり、修正しておくと、走りの
内容をグレードアップできます。ぜひチャレンジしてください。

●フィッティングやライディングテクニックのセミナーを体験したい場合は、走る環境
が最高のつくばへ走りに来てください。土曜日と日曜日にライドイベントを開催して
いますし、長野県信濃町の黒姫高原のロッヂこまづめをベースに、フィッティング&
ツーリング兼ライディングセミナー、「黒姫高原るんるん合宿」を、5月、6月、7月、
8月、9月、10月に1回ずつ開催する予定です。

●百哩大王御一行様、今度はつくばへ遊びに来てください。神奈川県在住の方なら
クルマで1時間30〜2時間でつくばです。1泊2日のプランで走りに来て下さい。
夜は美味しい食事をできる場所へご案内しますし、ホテルや駐車場をご紹介します。
時間ができたら長野県の「黒姫高原るんるん合宿」にも参加してください。温泉と
美味しい食事、そしてクルマの少ないサイクリングに最適なフィールドが待っています。

●…藤沢で百哩大王主催のフィッティング&ライディングのセミナーが終わり、ほっと
しました。猪熊自動車を夕方に出発しました。向かったのは厚木のラーメンのぞみ
です。自転車乗りのMご夫妻がやっているお店です。

●すると、お店にはメンテ本を買っていただいた自転車を始めたばかりと言うご夫妻
と、…。ご夫妻はこのブログを見てくれているそうなので、つくばへのお誘いをかけちゃ
いましょう。

●ホテルオークラ・エポカルに泊まって土曜日と日曜日に走る、1泊2日のプランで
いかがですか。じゃらんで予約すると格安で泊まれますし、駐車場も無料で利用で
きます。土曜日は10時に三井ビルの1回のタリーズカフェ集合です。

●日曜日は朝9時にスポーツバイクつくばマツナガ集合です。ライド参加の資格は
傷害保険加入とヘルメットの着用、スポーツバイクつくばマツナガの店頭にある用紙
へ必要事項を記入して緊急連絡先を登録してください(メールや郵送での登録も
可能です)。(ここまで)