オーダー車については、こちら [LINK]

長距離走向けの疲れにくい自転車と用品を同時に準備しよう

道具7、体力技術3

サイクリングは機材を使いこなすスポーツです。道具の良し悪しが楽しさを左右します。1日中走り続けるのだから、なおさらのことです。
根性や気合いでは、どうにもなりません。 

一応、どんな自転車でもロングライドはできます。
でも、やはり本格的自転車は断然良いです。
ロングライドを趣味にしようと思ったら、決意が鈍らないうちに買ってしまいましょう。

買う前にやること

予算を確保しよう

あわてて買わない、貯金しましょう

まず購入資金を貯めましょう。ローンが組める人はすぐでもOKです。
目標額は、ズバリ30万円。
その7割を自転車に、3割をウエアや用品に振り向けましょう。

これだけは揃えたい
ロングライドを始めるベーシックセット

自転車 :
20万円台のカーボンロードバイク。
変速機やブレーキに「シマノ105」部品を使用したもの。

用品 :
以下の合計で約8万円

ウエアパールイズミ社が定番、山用品のモンベル社にも注目 
①半袖ジャージ7000円~ 
②アンダーウエア(上だけ)4000円~
③レーサーパンツ8000円~(下着は着けず、直にはく)
④グローブ(手袋)4000円~ 
⑤ソックスはスポーツ用を流用
⑥汗止めのヘッドバンド
ヘルメットOGKカブト社が日本人のアタマに合います 10000円~
自転車用シューズシマノ社が定番 12000円~
装備品水筒(ボトルという)1500円~、
前後のライト 7,000円~、
ベル 1,000円~
工具
 携帯用のセット 2,000円、
 タイヤレバー 1,000円など
携帯用空気入れ(ポンプという)2,000円~、
パンク時の替えチューブ 800円~、
カッパモンベル社が絶対にお勧めです 15,000円~
バッグ
(上記の装備を運ぶ)
ハンドルバッグ : (大容量)
 モンベル社が定番 4,500円~
サドルバッグ : (コンパクト)
 トピーク社 等 3,500円~
  • さらに秋冬物ウエアやカーナビ的に使えるGPS機器もあると大助かりですが、それなりに費用が掛かりますので必要に応じて揃えて行ってください。
  • スマホの地図アプリとモバイルバッテリーがあれば、迷子対策も大丈夫です!

お店選びがその後のサイクリングライフを左右する

貯金している間に、お店を探しましょう。
お店選びはとても重要です。慎重に選んでください。
自転車の扱い方を教わったり、修理を頼んだり、長いつきあいになります。
今はネットで情報が簡単に手に入るとはいえ、実際の取り扱いなどはネットで調べただけではよく解りません。
自分に合ったお店を選ぶことがその後のサイクリングライフを左右します。

自宅に近くて自転車専門誌(サイクルスポーツ誌、バイシクルクラブ誌)や自転車ポータルサイト(シクロワイアード、サンスポドットコム)に広告を掲載しているお店を何軒か訪ねてみましょう。

お店に行ったら、まずこう訊いてみましょう

「ロングライドに出るための自転車を探しています」

こう質問して、ロングライドを知らなかったり、「人気があって、よく出るから」とせっかちに展示車をすすめるお店はダメです。
勉強不足や “とにかく売りたい” という姿勢ですから、長く付き合うのは難しいでしょう。

しっかりしたお店は、あなたの経験や体格、用途を聞いて来ます

どんな商品であっても、良いお店はお客様に合った商品を選んでくれます。
自転車店であれば、取り扱っているブランドや車種の中から、あなたの体格や用途に合う自転車を選んでくれるはずです。
同じ車型でも、洋服のように大小のサイズがあり、あなたに合うサイズを割り出します。
さらに、自転車は細部の部品をかなり変えられるので、一部は取り替えて乗車ポジションを最適化してくれます。
そう、あなたにぴったりの1台を責任を持って用意してくれるのです。

よくある質問

Q1 雑誌やウエブで評価の高い自転車がおすすめですか?

いいえ。そうとは限りません。
評価者はアナタとは脚力や体格が違うはずです。評価者には良くても、アナタにぴったりとは限りません。
あくまで参考にとどめ、お店の人とよく相談しましょう。

Q2 大きなお店やメーカーの直営店がいいのですか?

そうとも限りません。
大きなお店や直営店は在庫が豊富ですが、スポーツ自転車はお店の在庫をその日のうちに乗って帰るモノではないからです。

店員さんがアルバイトかもしれません。昔からその地に根を下ろしていたり、大きなお店で修行したヤル気のある店長が始めたお店。そここそ、あなたが自転車を買うべきお店です。

Q3 技術のしっかりしたお店を見分けるポイントは?

見分けるポイントは「ホイールの組立を承ります」と宣伝しているお店です。

イチから車輪を組み上げるには、相当な修行を積まないと無理です。それができるということは技術に自信がある証拠です。
スポーツ車の車輪はすぐにフレ(ゆがみ、ひずみ)がでて再調整が必要ですから、こういうお店は間違いありません。

Q4 通販で買うのはどうですか? 海外通販など国内価格の6割程度なのですが。

よほどのマニアでない限り、やめるべきです。
スポーツ自転車は走っているとすぐに各部の調整が必要になります。
購入店でないと自転車整備はかなり高額になるのが一般的です。
ご自身で自転車整備が出来る人以外は手を出してはいけません。

Q5 小柄な私に合った自転車のブランドはありますか?

大丈夫ですよ。
多くのメーカーで女性用として小さいモデルを出しています。
興味のあるメーカーで探してみてください。

なお、小柄な方はブレーキ操作が苦手なことが多いようです。
そういう方には一般的なドロップハンドルより「ブルホーン」と呼ばれるハンドルがお勧めです。
数は多くありませんが、ブルホーンハンドルを標準装備しているモデルもあります。もし見つけたら試乗してみてください。

ロングライド用の自転車 選び方

ロードバイクには、純競技用とフィットネス用(コンフォートライド用ともいう)があります。

ロードバイクは、高額なモデルほど競技専用となります。クイックすぎるハンドル特性や、脚力を無駄なく伝えるため、乗り心地よりも高剛性一本槍となっています。ガンガン飛ばすにはよいですが、ロングライドの走りに求める快適性や疲れにくさとは、ほど遠いのが現状です。

そうした純競技用モデルではなく、後者のコンフォートライド用モデルがロングライドに適しています。
では、どのモデルなのでしょうか、この見極めが難しいです。

コンフォートロードを用意しているブランド

安心の国産車

日本人の体型にぴったり!特に小柄な女性は最適

  • ブリヂストン (アンカーRLシリーズ)
  • モンベル (シャイデックシリーズ)
  • トーヨー (テスタッチ)

ロングライドに力を入れている輸入車

  • ルック (765)
  • トレック (ドマーネ)
  • タイム (フルイディティ)
  • スペシャライズド (ルーベ、ルビー)

あえて専門的に言えば、52サイズのフレームで、”チェーンステイ” というパイプの寸法が、405mmよりも長ければ、きっとそれはコンフォートタイプです。
でも、メーカーによって寸法の考え方は様々です。シロウト判断はむりです。

先に「しっかりしたお店で買いましょう」と指摘したのは、これが理由です。
一見どれも似たようなロードバイクでも、ロングライドを本当に考えた製品でなければ具合よく楽しく走れません。

これぞ! 大王おススメの自転車は?

これからロングライドを始めるんだ!
そういうあなたに、強く推薦するのは、国産大手メーカーの自転車です!
安心の品質と豊富なサイズで、小柄女子からデカ男くんまで、ぴったりな自転車が手に入ります。

ブリヂストン (アンカー)

取扱店 ここから探そう[LINK]
まずはここから RNC3-Equipe 195,000円 [LINK]
 しなやかな乗り心地と安定して疲れない操縦性
絶対のおすすめ RL8-equipe  255,000円 [LINK]
 疲れ知らずのカーボン素材でロングライド挑戦に最適
女性用モデル RL8W-equipe 255,000円 [LINK]
 日本人女性の体型に合わせた設計、これも絶対のオススメ
RL6W Sport 155,000円 [LINK]
 お手軽予算ならこちら

モンベル (シャイデック)

取扱店ここから探そう [LINK]
まずはここからRD-H 2000 159,800円[LINK]
アルミフレーム。日本人向けの設計になっています
絶対のおすすめGT CARBON 3000 298,000円 [LINK]
疲れ知らずのカーボン素材でロングライド挑戦に最適です

テスタッチ

日本人の体型を考えぬいた製品。
マイクロコズム(=懐の深い体全体を使用できるポジションに導く独自のジオメトリー)を提案しています。
要は、腰を引いて、股関節の詰まり感をなくし、スムーズな脚の回転を実現。
フレームだけなので、専門店で部品を組み付けて完成車としてもらいます。

取扱店大きな自転車屋さんで聞いてみましょう
女性用モデルピラデール(完成車) 258,000円 [LINK]
 700C 身長145cm~
 小柄な日本人を想定した設計。
 もうこれしかありません。

ミニヨン(フレーム&カーボンフォーク) 138,000円~[LINK]
 完成車で24万円見当。
 650C 身長145cm~
 日本の女性のために考え抜かれたフレーム。
 高いだけの価値あります。

国産メーカー、それもイージーオーダー車を勧める理由

国産大手メーカーは

  • 日本のサイクリングを知り尽くし、
  • 日本人の体格にあった自転車を開発し、
  • 全国に充実した販売網を持ち、
  • 品質管理や販売後の保証が実にしっかりしています。

そのメーカーの熟達した職人による手作りですから、最高にお勧めです。
最適な素材を採用し、耐久テスト等も実にしっかりやっています。
クレーム対応だってメーカー直接ですから安心できます。

「え! 自転車にイージーオーダー?」 

そう、これらのブランドでは、スーツのイージーオーダーのように、販売店で体格を採寸して、乗り手に合わせた1台を工場へ発注するシステムを採用しています。

自転車の骨格である、パイプの集合体「フレーム」、部品を取り付けるシャーシー(車台)です。
イージーオーダーでは、フレームを構成する各パイプの長さや太さ、そして厚みを使い分けます。
さらに、パイプ同士を溶接する角度を微妙に変え、
・身長140cmから200cmの人まで、
・体重40kgから100kg超まで、
それぞれの人に合うよう、シャーシー(フレーム)を作り分けます。これにより、ジャストフィットの自転車が手にはいるというわけです。

自分専用のシャーシー(フレーム)に、ギヤ比やハンドルの幅、車輪の仕様などをお店の人と相談して選択します。

特に車体の色は、好きな色を選べるから愛着が湧きます。世界でたった1台、自分だけの、それもロングライドを快適に走れる自転車を手に入れることができます。

初めから良いモノをお手頃に 専門工房の手作り自転車

ハンドメイドなら、あなたの体格に合わせた、世界でただ1台の自転車ができます。

スチールのパイプを使った自転車なら、メーカー品と同等の値段で買えます。完成車30万円ほどです。

工房名称所在地リンク製品名
レベル
マツダ自転車工房
東京都[LINK]コンフォートスポーツ
マキノ千葉県[LINK]
ケルビム東京都[LINK]スティッキー
スポーツバイクつくばマツナガ茨城県[LINK]

外国ブランドのコンフォートロードを選ぶ

販売量から競技用とコンフォート用の2ラインを揃えられるのが、海外ブランドの強みです。

ただし、サイズ設定は外国人向け。
一般的体格の日本人が乗るとハンドルが遠くなり、腰を引いたロングライドのポジションが全く取れない製品もあります。
要注意です。

また、カタログ上には豊富なサイズ設定が有っても、輸入されるのは大/中/小の3サイズ、なんて不埒な代理店もあります。
まだまだ殿様商売のこの世界、くれぐれも御注意願います。
その点、以下の4ブランドは良心的です。

スペシャライズド

取扱店 ホームページから探す [LINK]
おすすめ ルーベ スポーツ 291,600円 [LINK]
荒れた土地でも長距離のライドをこなせるよう設計されています。
予算があれば ルーベ エリート 345,600円 [LINK]
最新のサスペンションシステムで、快適性とコントロール力を実現
ルーベ コンプ 399,600円 [LINK]
シマノ社の上級部品アルテグラを使用
女性専用モデルドルチェ エリート 162,000円 [LINK]
女性向けの設計です。あとは腰を引くポジションで。
ルビー スポーツ 270,000円 [LINK]
女性のために作られた1台です。かなりイイかもしれません。

トレック

取扱店ホームページから探す [LINK]
おすすめドマーネ SL 5 241,000円 [LINK]
独特のショック吸収機構アイソスピードテクノロジー(こちら)がロングライド向きです。
シマノ105コンポーネント付きで充実
予算があればドマーネ SL 6 365,000円 [LINK]
シマノ社の上級部品アルテグラを使用
女性専用モデルドマーネ SL 5 Woman 281,000円 [LINK]
女性の体格に合わせて作られた逸品です

ルック

取扱店 ホームページから探す [LINK]
おすすめ 765 OPTIMUM 290,000円[LINK]
カーボンフレーム自社で作っています

タイム

取扱店 ホームページから探す [LINK]
おすすめフルイディティ フレームセット 430,000円~ [LINK]
カーボンフレームを自社工場で作っています。
高いですがそれだけの価値があります

自転車のどこを見て選ぶのか

サイズ

スポーツシューズを買うときを思いだしてみましょう。種目専用のシューズを選び、その上で自分の足のサイズに合わせます。野球のスパイクでサッカーはやりません。窮屈だったり、ガバガバだったら、力を発揮できません。自転車選びでも同じです。サイズは重要です。

実用自転車とスポーツ用自転車では、サイズ表示の基準が全く異なります。ご存じでしたか?

実用車では、タイヤの径26インチとか27 インチとかでサイズを区分します。

シートチューブ長という数値に注目

スポーツ用自転車では、「フレーム」を構成するパイプのうち、お尻を載せる「サドル」とペダルがついている「クランク軸」を縦に結ぶ「シートチューブ」というパイプの長さで自転車の大小を表示します。写真の自転車の画面中央、縦の青いパイプの長さのことです。

この「シートチューブ」の長さを測り、単位の「ミリ=mm」を省略した、480とか560とかの3桁の数字が、スポーツ車のサイズです。

輸入車はこれをセンチ単位で表示し、48とか56とか表示しています。

この数字の意味ですが、

数値が小さいペダルとサドルが近い
 =脚の長さが短い
 =身長が小さい人向け
数値が大きいペダルとサドルが遠い
 =脚の長さがある
 =身長が大きい人向け

といえます。もちろん、脚の長さは身長と比例しませんから、個々人の体格によることはいうまでもありません。

また通常、数値が小さいとサドルとハンドルが近く、大きいとサドルとハンドルが遠くなるようになっています。

ご参考までに私の例でいえば、身長184cm体重80kgで、サイズは610。これはかなり大きい方です。身長170cmくらいであれば500~530、輸入車では50~52といったところでしょうか。

さらに、注目したい数値があります。

トップチューブ長とヘッドチューブ長です。

トップチューブとは、サドルの付け根とハンドルの付け根を結ぶ横長のパイプです。コレがやたら長いと、ハンドルが遠くなり、ロングライドに適した「腰を引いたポジション」が取りにくいです。

ヘッドチューブとは、ハンドルの付け根からフロントフォークが2マタに分かれる付け根まで、自転車のブランドマークが付いているパイプです。ここが短いのは、ハンドル位置が低い競技用です。長いと上体を起こしたロングライド用といえます。

各社の自転車を比べるとき、注意してほしいのが、「同一モデルにいくつサイズがあるか」、という点。

サイズ分けが多いほど、良心的だと考えてよいです。
主力モデルなのに2~3サイズしかない、おのおののサイズの適応身長を何10cmにわたり幅広く表示しているというのは、売れ残りリスクからサイズを絞り、「体を自転車にあわせなさい」という販売の都合を優先したお客様不在の考えのあらわれです。
代理店やメーカーの誠実さを疑わざるを得ません。

なぜなら、身長が30cm違えば、脚の長さ、腕の長さは、相当違います。
数値を信じて購入しても、ポジションの設定に必ず無理が生じます。そんな自転車で快適に走れという方が、どだい無理です。

そこに、大王推奨のメーカーやブランドの良心が見て取れます!

パナソニックでは、10mm刻みのフレームサイズ(一部除く)に対応し、ステム長、クランク長、スプロケ、ハンドルバーの幅まで、乗る人にジャストフィットする車体を作ることができます(POS:パナソニックオーダーシステム)。

アンカーでは、スタンダードなロードレーサー「RNC7」で、490から590まで8サイズあり、あなたに合うサイズがあります。

この、きめ細かい対応こそ、良心的なメーカーや代理店の真骨頂です。

素材の違い 初めは「スチール(鉄)」か「カーボン』がいいですよ

もはや「カーボン」素材で、乗り心地と剛性感を兼ね備えないと、スポーツ自転車にあらずという風潮がありますが、ちょっと待ってください。

スチールフレームには初中級者に適した特徴があります。

初中級者のホドホドの脚力とスチール素材独特の「バネ」のあるしなりがマッチし、力を無駄なく推進力へと変えてくれます。また、適度に柔らかさがある乗り心地が、長時間にわたる走行による体の疲労を和らげてくれます。100kmを越えたところで、「あ、今日は、まだまだいける!」そういうゆとりをもたらしてくれます。

安定性重視で

自転車のハンドリング(性格)は「直進性(安定性)が強く」「穏やか」なことです。

長距離を走ると、疲れから、つい注意が散漫になりがちです。路肩の轍や段差に気づくのがおくれ、ハンドルを取られるかもしれません。そんなとき、直進性の強いハンドリングがものをいいます。

また、ずっとハンドルを押さえていなくとも、まっすぐに進む性格ならば、肩に力が入らず、疲れにくいです。あるいは、自転車ジャージの背中のポケットから補給食を取り出すときなども、片手運転がしやすいです。

ハンドリングがクイックな純粋競技用はロングライドにとって、メリットを見いだせないといえます。

ギヤ比は軽くしましょう

ギヤを交換する手もあり

「30km前後のスピードを維持するのに適したギヤ比」であることを物差しに選びましょう。純競技用のロードレーサーのギヤ比は重すぎて、一般には使いこなせません。ましてや、長距離ではグイグイと踏み込むのではなく、クルクルとペダルを回して走ると疲れにくいです。

そこで、前のギヤ(チェーンホイールという)は「コンパクトドライブ」と呼ばれる大きなギヤが50T(山が50コ刻んである)、小さなギヤが34Tのものを選びましょう。、

後ろのギヤ(フリーという)は、11段(ギヤが大小11枚付いている)で、歯の数が最小11個から最大34個に設定してもらいましょう。
これなら、坂道でも何とかなるはずです。